気の向くままに

我肥ゆる秋(笑)

最近、星野富弘さんの詩集を読み返していました
詩ってすぐにその情景や世界に入っていける手軽なもの
だけど、とっても深くって心にしみて沢山の感情が味わえる
心の栄養かしら?
特に星野さんの詩はつい忘れがちだけど身近にあるものが題材
季節を感じながら目線を変えながらいろんな事を感じるのって素敵
子供と遊びながらも空を見たり、蟻さんの目線を想像して微笑んだり
草花の名前を調べてあげたくなったり
生活に楽しみがでてきます

今年は色々なものに興味が出てきて
読書の秋となりそうです




見ているだけで
何も描けず
一日が終わった

こんな日と
大きな事を やりとげた日と
同じ価値を 見出せる
心になりたい

「鈴の鳴る道」から
[PR]
by siojyou | 2008-09-24 21:00 | つれづれ
4歳年の差・息子(チーボー)と姫の2人育児日記 管理人@クーちゃんママ
by siojyou
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな