気の向くままに

カテゴリ:育児( 87 )

抱っこ・おんぶ

私は子供の要求はできる限り聞いてあげようと思っています
「できる限り」というのがポイント
甘やかしすぎかな?構いすぎかな?
なんて悩んだときもありましたが
彼の要求の「すべて」に答えられるわけでもなく
息子も一日のうちに何度も我慢をする機会は出てきます
我慢のボーダーラインは低い子にはなりそうですが
我慢できない子にはならないだろうと思い直し
結局、初めの考え方に戻りました
求められていないときの「過干渉」には注意しながら

外での「おんぶ~」「抱っこ~」にも悩んだ時期がありました
公園に行くまで「抱っこ~」「疲れた~」で
公園に着けば元気よく遊ぶ・・
完全に楽を覚えてきている・・これはいかんぞ!!
と思い「歩きなさい!!」なんて私も感情で突き放したときもあったのですが
これは私の勝手な行動だと反省した時もありました
この時期になると周りからの「歩きなさい」プレッシャーも掛かるんですよね
おんぶ自体はむしろ好きなほうなので私も悪い所もある
なぜ歩かなければいけないのか?なぜ抱っこやおんぶは駄目なのか?
しっかり教えないうちに感情で突き放してしまうのはやっぱり良くないこと
時期を見ながら散歩からでもいいので歩く大切さ達成感を教えようと思いました
しかし優柔不断な私
なぜおんぶや抱っこは駄目なのか?の説明で
「チーボーが重くなったから。周りの子が歩くようになっておんぶは恥ずかしいから」
と説明するのはちょっと変だと疑問が残りました
私自身も「歩く」事への大切さが良く分かっていない気がしました
おんぶはまだまだ出来る重さだし、周りの子は周りの子で比べてはいけないもの
我慢強さの身に付け方についても「歩くこと」に重点を置かなくてもいいのではないか
授乳のように自分から気づくときがあるのではないか?
と思うようになりました
息子も鬼ではないので(笑)私が疲れているときや荷物があるときは
納得するまで説明すれば歩く事に協力してくれるし我慢もしてくれる
ならば周りの目は特に気にせずとも良いのではないのか?
という結論に達し、結局、おんぶ・抱っこも要求された時可能ならするにしています

そんな息子も苦手なサークルの散歩の時に
大愚図りになり、おんぶで公園散策に参加することに
他の子供たちは一人で頑張って歩いていました(すごいな~)
私も一度は心に決めた事なのに
一人で歩く周りの子供たちが羨ましく思えたりしながらも
息子ををおんぶして歩きました
終盤になるとサークル内でも
「ママ抱っこ~」
「もう少しだから頑張って歩こう」
の会話もちらほら出るようになり
チーボーも私の背中のなかでいつものように友達の様子を観察していました
2歳8ヶ月の彼にはそろそろ心に響くものがあったのでしょうか
そのサークルの出来事を機に、少しは歩くようになってきました
公園までの道のり、買い物までの道のりは「頑張ってみよう!!」と声を掛けたり
電車ごっこをしてみたり、工夫次第で歩ききるようになりました
歩ききったときの達成感も分かってきたようでまた少し成長してきました

未だに眠い時、気分がのらないときは「おんぶ~」がまだまだありますが
悩んでいた時期よりは減ってきました
今から考えるとおんぶ・抱っこもそのときは大変だけと
そこを過ぎるとなんだか寂しいようにも思います
ほんの数ヶ月先に著しい成長が待っている事もあるんだと思うと
彼の甘えんぼはまだまだ聞いてあげていいような気がしました
今しか出来ないんですものね
息子も自分から気がついたときのほうが俄然やる気も違ってくるので
彼のやる気を信じて「待つ育児」に慣れていかなければいけないなと思った
今日この頃でした・・・。

もちろんそんな息子は「甘えんぼ」です^^;
恥ずかしながら私もかなりの甘えんぼかもしれません^^;
[PR]
by siojyou | 2008-09-29 21:44 | 育児

おっぱいケア

さてさて、卒乳後のおっぱいケアですが
私は助産院に行きました
自分でケアするくらいでいいと考えていたのですが
今年の5月ころから肋骨の骨や左上のおっぱいが時々痛むようになっていました
痛みがあるので乳がんとは思わなかったのですが
気になるのでケアを含めて相談しに行くことにしました
行った場所は
ナーシング助産院
若いころ(笑)M&M&Pさんの話を聞きに行ったことがあったので、先生のことは知っていました
子供が生まれてからは行ける機会があって嬉しく思っていたのですが、結局乳腺炎も自分で切り抜けその後何のトラブルもなかったのでいく機会がありませんでした
ちょっと憧れの病院だったので嬉しい思いも抱えながら受診してきました
卒乳後のおっぱいのケアはたっぷり時間をとっていただいて
残っているおっぱいを絞っていただきました
残っているおっぱいはただの老廃物なので絞ってあげることが重要ということでした
その他、痛みがあるので病院への紹介状も書いていただきました

先生も話しやすい先生で心底、女性を支えてあげたい気持ちがあるんだと感じました
20人に1人の割合で発生している乳がんの話もされて
自分の体はしっかり守っていかないといけないとも改めて思いました
息子が産まれてからは特に長生きしたいと思うようになったので
検診しっかり受けてこようと思いました

さて紹介された病院は泉中央乳腺クリニックでした
初めての乳腺専門の病院でしたがとてもきれいで行きやすかったです
マンモグラフィーや穿刺吸引細胞診なども覚悟でいったのですが
超音波だけで異常がないことがわかり一安心しました
日本では40歳以上の方が国で定めたがん検診の定期健診年齢ですが
20代からの乳がんも多く、若いうちは超音波だけだったり
マンモグラフィーなども5千円前後(病院にもよる)で受けられます
私もセルフチェックの他に思い切って定期健診を自分で設けようと思いました

乳がんセルフチェック・全国の乳腺クリニック
[PR]
by siojyou | 2008-09-20 22:29 | 育児

歯医者

チーボーの歯磨きは
「1日1回夜しっかり磨く」
に落ち着いています
歯磨きが苦手なので1日1回

夜の授乳の時から虫歯は気にしていたものの
ブラッシングが1回なので虫歯になりにくい生活をと心がけていました
2歳半歯科検診以外歯の検診には行っておらず
フッ素にも消極的な私でした

さてそんな私ですが今回歯医者通いするようになりました
というのもチーボーから「しみる~、痛くてご飯食べられない」との申告が・・
よくみると右奥が腫れているではありませんか~
急いで歯医者に行くことに
原因は最後の乳歯が生える所を、すでに生えている下の歯が刺激しているとの事
治療は消毒で済みました
あとは乳歯が生えるのを待つしかないということでした
2歳半の検診でもそうですが、チーボーはまったく泣きませんでした
なぜか家ではやらないのに先生の前では大きく「あーん」をする
先生大好き息子です
歯医者の先生もすごく親しみやすい先生で
チーボーはあれやこれやと話していました
「牛乳飲んでしみたの~」
など話が出来るようになった息子に感激しておりました

ついでに先生からの提案で
「歯磨き指導に通ってみてはいかがですか?先生と子供との一対一ですが歯を磨く癖をつけるトレーニングと思ってみてください」との事
少々悩みましたが、歯磨きが親子とも苦手なのも確かなので通うことにしました

1週間後、病院ごっこにはまっているチーボーは
病院が苦手というわけではないのですんなりついてきました
病院の待合室のアンパンマンの絵本も見たい気持ちもあるからか
移動の車の中では「名前呼ばれたら『はいよ』っていおうね」なんてやる気満々
私だけが初の親子で離れる作業なのでドキドキでした
名前を呼ばれる前に歯医者さんとはどんなものか絵本で予習
その後アンパンマンの絵本で調子を整えておりました(笑)
名前を呼をよばれ、先生から
「今日はお母さんとはなれて、先生と行こうね」
と話しかけられた瞬間「母も~」と少々ぐずり気味でしたが
先生に抱きかかえられた瞬間、あきらめたのか
「アンパンマン電車に乗ったの~」
と先生に話しかけていました
甘えん坊と思っていたのに泣くことも泣くすんなり治療室へ
声は聞こえていたのですが、楽しい会話が聞こえてきました
私のほうが拍子抜けでドキドキしながら
寂しいような嬉しいような複雑な気持ちで待合室で待っていました
歯磨きが終わってきたチーボーは
「はは~」と笑顔で小走りに駆け寄ってきました
先生からもらった歯ブラシに大満足で歯医者通いは楽しい様子でした
いやはや、息子の成長に驚かされた日でした

相変わらず家では仕上げ磨きがイヤイヤですが
先生がしていたように「手はおへそね~」といいながら頑張っています
口も大きく開けられるようになってきたので歯医者通いを続けようと思っています
いい先生に出会えてよかった
思いがけない歯医者通いですが息子にとってもプラスが多くてよかったです
[PR]
by siojyou | 2008-09-12 22:53 | 育児

ヘビ(笑)

チーボーのブーム「ヘビ(蛇)」
かなり前からのブームなのですが

「何食べたい?」
「ヘビ。ウシシシシ」

「うんと、あのね、それで・・・ヘビ!!ウフフフフ」

など最後にヘビをつけたりと彼のマイブームらしい
まだ「ヘビ」で可愛いけど、子供って汚い言葉や、大人の嫌う言葉が
大好きですよね
これからどんどん出てくるのね。きっと。
でも私は笑いながら聞き流しちゃう
子供にユーモラスに対応するのってすごく重要だと思う
汚い言葉だけど言葉で遊んでいるから
家の中ではほどほどにOK
規制すれば余計外で叫んだりするのかしらなんて思ったり
つい絵本のうんちっち (わたしのえほん)
ステファニー・ブレイク / / PHP研究所
ISBN : 4569685285
を思い出したりして笑ってしまう




結構ぐずったり、嫌だ~なんてときにも
こちらでおどけてみたり、ユーモラスに対応すると
チーボーは笑って切り抜けてくれる
失敗して「キー!!」としたときも
「しっぱい、しっぱい」といいながら頭をはたいたり
「残念でした~また今度~♪」なんて歌ったりしています

今日も2回ほど「ヘビ」が登場しています
チーボーにとって「ヘビ」面白いんでしょうね^^
[PR]
by siojyou | 2008-09-05 14:49 | 育児

焦り・・。

絵本の読み聞かせのボランティアをしているのですが
現在は子育ての為、ほぼ休止状態です
先日会のイベントがあり聴きに行ったのですが
皆さんの上達に驚きと焦りと羨ましい気持ちが湧きました

まだチーボーが小さい時は、物言わない頃だったので両親に預けて
練習&本番と望めていたのですが
最近では離れると「泣く」状態、練習にも連れて行くと「帰る~」になり
練習&本番お休み。本番も観客で聴きに行く程度でした
もちろんそれでいいと思っていました
私の用事に無理に付き合わせるより
思い切って公園遊びを選択していました
チーボーにとっても私にとってもそれが楽でした

自分の時間が取れないのも事実
子育てに自分の時間を要求するのはほぼあきらめています
子育てに無我夢中に髪振り乱し取り組む母ちゃんでいたい
というのが私の子育て美学(笑)でした

しかし、今回はじめて焦りを感じました
もちろん今活動されているメンバーは
皆さん子育てをほぼ終了されているい方で
私と同じような思いを抱えてきた方達なんでしょう
メンバーの方でも子育て中
「お話会を聞きに行って(自分も読みたくて)涙が流れた覚えがある」
「その時の思いも今の活力になっているのかもしれない」
とおっしゃっていました
ちーぼーの為の自分でありたいと思うけど
絵本を聞くあの真剣な眼差しの子供たちと楽しむ時間も懐かしい
そんな葛藤が今日は芽生えました

いつも堂堂巡りなのですが
家に帰って夫に気持ちを話していたら
結局元の意見に落ちつきました
焦りはあるけど、チーボーの気持ち優先でしか私は動けない
無理は長続きにつながらない
いずれ(そう遠くないうちに)子供は離れるから
その時に頑張ればいいじゃないか
チーボーのためにあきらめるではなく先延ばしするだけ
時間を見つけて活動をする
よーーし!!

仕事をされているママさん達を思いました
育児休暇中焦りもあっただろうな
仕事についても子供と離れるの辛いだろうな
すごいなって改めて思いました
仕事を精一杯するお母さんの背中を見せるのも
素敵な子育て
いや、重要なことなのかもしれない

専業主婦だってもちろん素敵なスタンス
色々意見もありバッシングされることの多い専業主婦(笑)だけど
私は専業主婦は重要だとも思う
真剣に子供に向き合えるし
家庭での仕事もしっかり伝えられる
もちろんこちら側の努力が必要だけど
ゆっくり日本の伝統や生活力を伝えられる
日中の地域貢献も考えながら
近所付き合いも大切にするし
一人暮らしのお年寄りには子連れで挨拶する
地域の掃除等
一緒に参加することによって地域活動が身につく
まあ、すてたもんじゃないでしょ専業主婦
エコにだって時間をかけられる

だから働く、働かないにかかわらず
どっちもすごくて素敵なこと
私が専業主婦なのでそちらよりに書いてしまったけど(笑)

以前は子育てに没頭してばかりいると
子供が離れた後自分には何も残らないのではとの不安があった
しかし子供を育てるということはとっても重要な仕事
認めてくれる人は少ないかもしれない
だって自分の子供を精一杯育てるのはあたりまえと思われているもの
それが無償の愛なんだろう
それが出来るか出来ないかが課題かな
でも、精一杯子育てをした後には
人間性が高まったり家庭内の幸せが残されていると思う
平凡だけどそれが重要
色々な情報があって羨ましいと思う生き方もあるけど
平凡で幸せな家庭を作りたい
老後、夫と幸せに暮らせるように(笑)今を頑張るぞ!!
まあ、人生思い立ったら年齢は関係ない
子育てが終わった後でもやりたいと思う気持ちがあれば
何とかなるだろうという楽観的な思いももちつつ☆
今の子育てを楽しもうに落ち着く

話が脱線してしまいましたが
いつも、今回のように焦りを感じたり不安を感じたら
堂々めぐりをしながらも
自分の目指す子育て&自分のすべきことを確認します
今は発声練習とチーボーと素敵な絵本の出会いを楽しみますか
[PR]
by siojyou | 2008-08-09 23:11 | 育児

おっぱい 卒乳間近?

私の勘では、卒乳は3歳位かと勝手に思っていました
が、
今日「おっぱい」と言わずに牛乳のみで寝ました

2歳5ヶ月あたりまでは昼寝のときもたまにおっぱい
夜に関しては寝る前&夜中1~3回のペースでした

2歳6ヶ月頃には昼寝をしなくなったので夜のみに
季節も夏になり昼寝もなしなので夜通して寝るようになり
授乳は寝る前の1回だけになりました

2歳7ヶ月頃に化学的流産をしたのですが
それ以後はおっぱいの出が悪くなったのか
チーボーから「おっぱいでない」「のど渇いた」の報告ありで
牛乳を足していました
それが2週間前の話です

今日は支援センターで
「最近おっぱいが出なくなって牛乳を足しているんです」
と先生と話しているのを彼なりに聞いていたのだとは思います
夜は昼寝なしで眠いのになかなか寝付けない
牛乳を飲んでゴロゴロしていました
おっぱいと一言も言わないまま
「眠いけど(眠り方が)分かんない~」
と愚図り気味に言ってきたので
「目を閉じて音楽を聴いててごらん」
「うん」
で、3曲目に寝ることが出来ました

お布団の上で初めてのおっぱいなしでの睡眠
明日は分かりませんが、卒乳の時期が近いような気がします
寂しい気持ちはまだ湧きません
がチーボーの成長を感じている所です
[PR]
by siojyou | 2008-08-04 20:06 | 育児

自立・・。

私は自立という言葉があまり好きではありません(笑)
保健センターなどで
「育児の目標は自立です!」
なんて掲げられているとため息が出ちゃう、あまのじゃくさんです
抱っこも、お膝でご飯も、靴を履かせることもその他色々急いで教えません
本人がやりたいと言ったときに、教える、が私にとって一番楽な方法
過保護はOK、過干渉が子供を駄目にするの考えに同感
子どもの時に沢山甘える環境が結果的に自立に一番近道だったりする
のでは?(笑)なんて自論です
もちろんべったりの甘えん坊です
甘えん坊なので、ここぞという時には物分りがすごくいい
甘えたい時に、しっかり甘える場所があることはいいと思う
思春期にもこれは通じるのではと思います
家庭に甘える受け皿があれば、外に甘え先を求める事はないのでは?なんて
特に男の子なので、男の子同士で遊ぶのが楽しいと思える時代を送ってほしい
(私の勝手な価値観ですが)

あまりにも物分りがいいので夫婦そろって
「お利口さん」「えらいな~」「かわいいな」
と親ばか状態です。

親の前でくつろげない子供の記事をずー―と前に読んだ記憶がありました
「確か親の期待が大きくて家庭でくつろげない子供
 家ではお利口さん、隠れて悪いことをする」
という内容だったかな?

知らず知らずの言葉掛けにチーボーも「お利口さんでなければ!!」と
頑張りすぎていないかしら?と最近頭をよぎった時がありました。
しかし、私達の「お利口さん」のボーダーラインは低すぎるので
客観的にはお利口さん過ぎではないよね
と夫婦で一致(笑)

「可愛い」も含め誉める言葉は自信や認めてくれる安心感にもつながるので
誉めすぎで自我肥大になることはないと思っている
親は特別な存在だと思う
そういう結果に落ち着きました(笑)

まああくまでも勝手な考えですのでご了承を
着替えや、一人で食べることもすごく大切なことだと思います
抱っこせずに歩くことも大切なこと
目標を立てて、促して、達成感を味わうことの一連の流れを
根気強く付き合ってあげられればいいのですが
私は怒ってしまう可能性があるので避けているだけなのかもしれません
もちろん下の子が生まれて必要迫られるケースもあります
まあ、その時はまた悩むんだろうな~

*自立と自律の言葉の使い分けがいまいち分からなかったのでなんとなくです^^;
[PR]
by siojyou | 2008-07-30 21:24 | 育児

夏ばて・2

夏ばて回復傾向にあります♪
やはり飲み物をお茶や水にしたら、食欲を維持でき
3食しっかり食べるようになりました
食べ過ぎて困るくらいなのに「お腹すいた~」と言っています
お昼はお弁当箱作戦も成功しています
子供ってお弁当箱に入れると喜んで食べてくれるから嬉しい♪
フタをあけて「うわ~おいしそう~」
なんて言ってもらえるとこちらもニンマリ
言葉が増えてきてチーボーとの生活ますます楽しくなってきています
しかーし
今度は私が貧血気味に・・・。
夏場になるとなるんですよね。
症状が出てしまうと、胃は荒れるけど、鉄剤で補給しています。
日ごろの気の緩みがあちらこちらで見受けられます。反省。

最近困るといえば、何かにつけて舌を出すことかな?
何かしらで覚えたんでしょうね
「べー」
が悪いことと分かっているようで、反応が楽しいみたい
家ではいいけど外でやられると困ってしまう。。。
しかし、これからもっともっと出てくるんだろうな~
敏感に反応しないで、それなりに注意をしつつ関わっていくしかないんだろうけど
「こういうことをユーモラスに変えて付き合っていく方法もいいんですよ~」
なんて昔、子育て講座で聞いたときもありました
私は出来るけど(笑)夫はそれに関しては反対で意見が分かれるところ
まあ、昔小さい頃の私も散々、変なことばかり言っていたな~
子どもはそれが楽しいんですよね^^
[PR]
by siojyou | 2008-07-23 22:34 | 育児

夏バテ・・。

ちょっと反省会

息子の食欲が落ちています
暑いせいもあってつい冷たい飲み物に走りがちです
去年はまだまだ冷たいも控えめにしていたので
食欲が落ちるといった事はなかった気がします
2歳になって自分の好きなもの、食べたいものが言えるようになり
水分不足が気になるので彼の要求に素直に従い
牛乳を中心にガブガブ・・・
そんな生活からご飯の時間に食欲が出ない息子になりました
ごめんよ・・・・
1歳のころはあれこれと気にしていたのに
最近、私も気が抜けていたような気がします

飲みの物に含まれる糖分も結構な量ですよね
水分補給は水かお茶ですよね
あとビタミンB1
よく豚肉は疲労回復にいいと聞きますよね☆
いろいろ工夫をしながら疲労回復に努めなければ!!
豚肉を好んでは食べないのでお料理頑張るぞ
いいレシピあったら教えてください^^
今日の夕食は息子の好きな鶏そぼろご飯です
少しでも食べてくれるといいな☆


チーボーの可愛い会話

私)チーボー可愛くて可愛くて困っちゃう(背中にチュ)
チ)食べるのはご飯でしょ もう

と怒られます
チュウをするしないは意見が分かれるところですが
私は我慢できなくてしてしまいます
チーボーは逃げます・笑
彼はチュウを食べられると勘違い
「食べないで~食べるのはご飯でしょ!!」
こんな会話ができるようになったんだな
可愛いよ~~

たまにチーボーも嫌がりながらもチュウを期待している様で
たまにほっぺを出したり、腕を出したりしてチュウを要求
「チュッ」
「もうっ、食べるのはご飯でしょ!!」
といいながら逃げています

可愛すぎて困る息子
あふれる気持ちを皆さんどうしていますか(笑)

変な我が家(私?)でございます
[PR]
by siojyou | 2008-07-16 14:35 | 育児

ことば

チーボーの言葉遊びが面白い
反対の言葉で遊ぶのが彼のブームのようです

友達との会話
友:「チーボー君これ冷たくておいしいね☆」
チ:「うん。暖かくておいしい」(ニタリ☆)

ばーちゃんとの会話
ば:「ジュース美味しいでしょ?」
チ:「まずいでしょ」(ごっくん、ごっくん)
ば:「美味しいでしょ?」
チ:「まずいでしょ」(ごっくん、ごっくん)
ば:「美味しいでしょ」
チ:「美味しかった」(ニタリ☆)

このニタリがなんともいえず可愛かったりする♪
私が面白がるからエスカレート中・・・。
身内の中で遊ぶのはいいけど理解しない人の前ではしないでね
なんて親の勝手な言い分でした
[PR]
by siojyou | 2008-07-15 14:11 | 育児
4歳年の差・息子(チーボー)と姫の2人育児日記 管理人@クーちゃんママ
by siojyou
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな